データベースエンジニアのキャリアパスとは

データベースエンジニアは、情報資源やデータベースを計画したり、設計、構築、運用、さらには管理までの仕事行い、顧客が持っている様々なデータベースを効率良く利用したり管理することができるデータベースシステムを作るエンジニアだ。

データベースエンジニアと呼ばれる人は、データアドミニストレータとデータベースアドミニストレータに分かれている。データアドミニストレータは基本的には情報資源を管理するのが役割で、データベースアドミニストレータはデータベースの計画から運用、保守までの役割を担う。近年は、データベースを中心としたITシステムの注目度は上がっている。

キャリアパスとしては、まずはオラクルを中心としたデータベースソフトの使用経験を重ねることがキャリアアップに繋がるだろう。その後は、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー等の管理者へ上っていくというのが一般的だ。

しかし、IT業界ではこういった管理職に上り詰めていくというタイプのキャリアパスだけでなくスペシャリストとしてキャリアを積む選択肢も広がっている。企業もスペシャリストの存在価値を認め、管理職とスペシャリストとの年収の差が詰まってきているといわれている。そのため、データベースエンジニアの道で生きていこうとする場合は、セキュリティー面にも強くなる等の努力を積み重ねていき、その道を極めることで十分キャリアパスを築ける可能性があるのだ。
今回の参考資料はこちら!【キャリアパス調査@データベースエンジニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>