データベースエンジニアに必要な根気強さ

データベースエンジニアは世の中で必要とされているデータベースシステムの開発からその導入や運用を行うことに加え、新規のものや既存のものに関わらず管理や解析を行うことが仕事となる。

情報化社会となってあらゆる情報が電子化して管理されるようになったことからその需要は高い。
その能力に応じて異なった需要があり、比較的小規模なデータベース管理の業務が一般企業から求められている一方で、ゲノムや天文学の領域においては無数のデータを扱える高度な能力を持った人材による解析業務を担う人材が必要とされている。そのため、データベース周辺に関する自分の興味や能力に応じて様々なキャリアパスを考えることが可能であり、将来展望がよいのがデータベースエンジニアである。

しかし、そういったキャリアパスを考えられるようになるためには広範囲にわたる万能な能力を身につけなければならない。一度知識や技術を身につけてしまえば活躍できるフィールドは広いものの、そこに至るまでの努力は尋常ではない。それを乗り越えていけるかがこういったキャリアパスを進むという選択をする上で不安になる点である。その困難さは年収にも反映されており、他のエンジニアに比べても比較的高い年収が得られている傾向が強い。そういった能力獲得ができるかどうかという点を不安になりながらも、日々休まずに働き続ける根気強さがデータベースエンジニアには求められるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です